最高の品質で社會に貢獻

最高の品質で社會に貢獻するという、変わらない思いを胸に。
ブリヂストンとしての責任と覚悟を持って。
私たちはいつでもあなたと一緒に走りつづけています。

ニュースリリース

數字で見るブリヂストン

2020年12月31日現在

製品

    タイヤ

    乗用車用、小型トラック用、トラック?バス用タイヤをはじめ、航空機用、建設?鉱山車両用、モーターサイクル用、農業機械用、産業車両用など、幅広い種類のタイヤを世界中のみなさまにお屆けしています。

    多角化

    自動車用シートパッド、コンベヤベルト、免震ゴムといった自動車用部品や産業資材、建設資材など、お客様の安全で快適な毎日をサポートする商品をご提供しています。

テクノロジー&イノベーション

ブリヂストングループは、世界を支える覚悟と責任を持ち、革新的な技術を磨きつづけていきます。

サステナビリティ

  • サステナビリティ

    「Our Way to Serve」は、ブリヂストングループが持続可能な社會の実現に貢獻するための指針です。

  • Mobility(モビリティ)

    多様な移動ニーズ、安全?安心な移動、そしてモビリティの進化といった領域でモビリティ社會の持続的成?に貢獻します。

  • People(一人ひとりの生活)

    安全?安心な暮らしを支え、次世代の學びを支え、発展に貢獻することで、地域社會との信頼関係を構築し続けていきたいと考えています。

  • Environment(環境)

    自社の環境負荷削減に努めるとともに、環境負荷削減に貢獻する商品やサービスを通じて、共通価値を創出します。

歴史

  • 1906
    當社創業の基盤 - 創業前史
  • 1930
    創業の経緯と創業期の苦難
  • 1937
    第二次世界大戦下の経営と戦後経営の基盤
  • 1949
    技術革新と量産?量販體制の確立
  • 1961
    高度成長とモータリゼーションの中で
  • 1973
    創業者の死去と輸出基盤の強化、現地生産の進展
  • 1981
    米國での現地生産開始、多角化の進展
  • 1988
    ファイアストン社買収と立て直し
  • 1992
    優良企業への復帰とグローバル化の推進、そしてBFS自主回収問題
  • 2000
    苦闘を糧に、將來に向けた事業基盤の再構築
  • 2006
    グループグローバル経営の更なる推進で、タイヤ會社?ゴム會社として『名実ともに世界一の地位の確立』を目指して
24小时日本在线www